このブログについて

(なんだこいつ!)

東京の街中をぶらぶら歩いていると、
目の前をサッと男が横切った。

一瞬、アスパラガスかと思った。

みどり色のシャツ。
みどり色のズポン。
みどり色の靴下。
みどり色のサンダル。

あまりにも目にやさしいファッションセンス。
変なおじさんの登場に心が浮き立つ。

私の人間観察スイッチがオンになった。

************

はじめまして。瀬戸遊作と申します。
ブログにお越し下さりありがとうございます。

今回は、このブログの成り立ちを書こうと思います。

唐突なアスパラおじさんの登場。
みなさま、面食らったかもしれません。

いちおうブログに関係のある出来事なので、
しばしこのエピソードにお付き合いください。

************

五十歳くらいだろうか。
黒髪の七三分け。黒縁眼鏡。
首から上はごく普通のおじさんだ。

それだけに首から下の異様さ際立つ。

あっ。

手に持っているペットボトル。
よく見ると、おーいお茶だ。

すごいこだわり。
口に入れるものまで色縛りするとは。

きっと、すべての基準が「みどりかどうか」なのだろう。

朝食は、ホウレンソウ。枝豆。グリーンスムージー。昼食は、ミドリムシラーメン。クロレラドリンク。お勤め先はJR。みどりの窓口で働くおじさん。

そうに違いない。

これからどこに行くのだろう。
気になる。後ろをつけてみた。

交差点に差し掛かる。
赤信号だった。

道幅は狭い。車も来ていない。
周りに人もいない(私は忍者のように隠れている)

パッと渡ってしまうだろう。
そう思った。

だが、アスパラおじさんは立ち止まった。交通ルールを守った。ファッションのルールは破るのに。

いい人だ。

不良少年が雨に濡れた子犬を拾うと、いい奴に見える。それと同じで、ヤバイ人が交通ルールを守ると、すごくいい奴に見える。

私は感激した。

歩行者信号が青に変わる。
アスパラおじさんが歩き出す。

颯爽と歩き去るその横姿は、
歩行者信号のマークとそっくりだった。

あっ、違う。帽子かぶってないわ。
くっ。惜しい。

************

後日、アスパラおじさんのことを日記に書きました。こんなおもしろいこと、忘れたくありません。

日記を読み返すたび、フフッと笑えました。なんで歩行者信号を実写化してんだよ(笑)

当時、つらいこと、たくさん、あったんですけど、アスパラおじさんを思い出すと、ちょっと楽になりました。

たのしい思い出を書き残すのは、
とってもいいことだと思いました。

書いて。書いて。

メンタルを安定させるんだ。
自分の気持ちを言語化するトレーニングだ。
記憶をたのしい思い出でいっぱいにするんだ。

だんだん日記では収まらなくなってきました。
気付いたらブログになっていました。

きっと誰かに見てほしくなったのでしょう。
「こんなおもしろい話あるよ」って。
聞いてほしくなったのでしょう。

このブログでは、私の暮らしに潜む、
ちょっとおもしろい出来事に光を当て、
「自作エッセイ」として発表しています。

根っからの理系人間で、言葉を扱うのが苦手。
三十歳を過ぎたいいおじさんが、せっせと書いています。

たくさん書いて。たくさん笑う。
それがこのブログの目的です。

太宰治先生がいいことを言っています。

笑い。これはつよい。文化の果ての、花火である。理知も、思索も、数学も、一切の教養の極致は、所詮、抱腹絶倒の大笑いに終わる

私のほかにも、生きづらい人って、たくさんいると思います。生きるには笑いが必要です。何かの助けになれれば幸いです。

他にも小説やエッセイを読んだ感想文を書いて発表しています。本の中には、おもしろいことがいっぱいあります。こちらもよろしければ読んでいただけるとうれしいです。

基本的には褒めるようにしています。
ポジティブな面を見るようにしています。
嫌なひとも、愛せる一面を探していきます。

ヘタな文章で恐縮ですが、
お付き合いいただけると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました