パパはガチャガチャの回避法を教えてほしい

※育児日記の第2回。

今回のテーマは「ガチャガチャ」です。

ガチャガチャ。説明不要だと思いますが、念のために説明すると、幼児向けの課金入門機です。

アプリガチャ課金は大人の嗜みですが、スマホを持たない幼児でも練習できるように、実機のガチャが存在します。主な設置場所はデパートと駄菓子屋です。

しかし、このガチャガチャ、課金入門機として致命的な問題を抱えています。幼児の懐が痛まないのです

本来、アプリガチャ課金というのは、自らが心血を注いで稼いだ金を注ぎ込むから価値があるのです。それを他人の金でやろうなどとは片腹痛いです。

片腹痛いですめばいいですが、もっと痛いのはパパの財布です。百円という決して安くない単位で貯蓄が溶けていきます。十円のガチャガチャって無いんですかね?

さらに言えば良心も痛みます。ガチャガチャを前に「やる!やる!」とせがむ息子を、毎回引き剥がすのは心が痛むのです。かさぶたを剥がす方がまだ痛くないと思います。

ガチャガチャのうまい回避方法が知りたい…。

先日こんなことがありました。

レジャー施設のガチャガチャ

あるレジャー施設に遊びにいったときのこと。一日中遊び倒して大満足の息子と、疲れ切った私が、出口に向かって歩いていた。あー、やっと終わる…。やっと帰れる…。と思ったところで奴に出会った。ガチャである。

そいつは出口の右隣に堂々と佇んでいた。ご丁寧にピカピカ光っていて、息子が見落とさないように配慮されていた。おいこら、ここに置いた責任者出てこいや〜。と心の高田延彦が声をあげる。

頼むから、親が疲れ切ったところにガチャガチャなんか置かないでおくれ。かの有名な、物を売るってレベルじゃねーぞ、が脳裏によぎった。俺じゃなきゃ見逃しちゃうねくらいの慎ましい置き方なら許せるが、コレはいかん。

案の定、息子は興味を持った。

いや、そんな生優しいものではなかった。寝転がる一歩手前の駄々っぷりだった。私が、ダメダメ帰るよと強硬姿勢を見せたからである。

正直、お金の問題ではなかった。

百円や二百円くらい、喜んで払うつもりだった。それくらい疲れていた。だがそれは、ただのガチャガチャならばの話だ。そのガチャガチャは、メントスのガチャガチャだった。メントスが嫌だった。

だって、メントスって危なくないか?

三歳児ってメントスを食べていいのだろうか。けっこう誤飲リスクがあると思うのだが。いや絶対詰まるだろ。死ぬ死ぬ。あっぶねーな。なんてもん出口に置くんだ。という風に、疲れ切った私の頭は、変な方向に思考をエスカレートさせて行った。ガチャガチャが殺人マシーンに見えてきた。

そうなると、絶対にやらさん私vs絶対にやる息子の闘いになった。私もたいがい折れないが、息子も全然折れない。カーボンナノチューブくらい折れない。

その結果、三歳児を相手に、本気になって喧嘩してしまった。自分の沸点の低さが嫌になる。たぶん地球上でヘリウムの次に沸点が低い物質は私だと思う。

最終的にもうどうでも良くなってガチャガチャをやらせた。やりたいならやればって感じで、息子に二百円を渡した。なげやり選手権があれば日本代表になれそうな勢いだった。大人気がなくて恐縮である。

予想外だったのは息子の反応だ。

「えっ!いいの!?ほんとに!いいの?」という目をしながら、私とガチャガチャを交互に見ていた。目からキラキラビームが出ていた。あんまりにもピュアに喜ぶので、さっきまで喧嘩していたのが馬鹿らしくなった

可愛すぎる。

私がフグだったら美味しくいただけるレベルで毒気を抜かれた。こんなに可愛い姿をみたら、メントスなんてどうでもよくなった。

帰りながら、息子とメントスを食べた。危ないからひとつだけねってお約束をして食べさせた。

電池じゃないやつ

二週間後

息子が急に「とくべつなひのでんちじゃないやつは?」と聞いてきた。特別な日の電池じゃないやつ?なんだそれ?なぞなぞか?

何それ詳しく教えて、と聞くと「で!ん!ち!じゃ!な!い!や!つ!」と大きな声で同じことを教えてくれた。いやいや。詳しくって、大きな声でって意味じゃないから。

情報をくれと頼むんだ。息子は「はいっ。じょうほう」と言いながら、小さな握り拳を私の手の平にのせ、何かをくれる真似をした。可愛いけれど、違う違う、そうじゃない。

何て聞けばいいんだ。

「みどりくてー、くろくてー、でんちじゃないやつ!」など連想ゲームを繰り返すうちに、何を求めているか分かった。メントスだった。

アハ体験。

メントスという固有名詞が分からないとき、人は電池じゃないやつと表現するらしい。勉強になった。はぁ。すっきり。分かってよかった。ハハハ。面白いなぁ。まったく。ハハ…ハ…。

すまん。パパが全部食べたから残ってない。

まとめ

ガチャガチャを避けようとして大人気なく大喧嘩してしまった。子供に親を困らしてやろうという意図はなく、ただ純粋にガチャガチャをしたくてたまらないだけなんだと学んだ。今度からメントスのことは電池じゃないやつと呼ぼうと思った。

結局、ガチャガチャを避ける方法は見つかっていない。メントスを超える危険物に出会ったら、また冷静さを欠く自信がある。誰か助けて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました