パパは育児記録の付け方を教えてほしい

※育児日記の第3回。

今回のテーマは「育児記録」です。

「46歳で父になった社会学者」という本を読みました。著者は工藤保則さん。社会学者としての技能を活かして、我が子を細やかに観察した本です。

その中で、育児記録のエピソードが紹介されていました。子供の行動を丁寧に記録し、毎年自分で製本までしているらしいです。

さすが学者さんだ。すごいなぁ、自分にもできるかなぁと思い、私も育児記録を付け始めました。2021年3月のことでした。

それから2年5ヶ月が経ちましま

育児記録はものすごい量になりました、と言えたら格好よかったのですが、実際は違います。書いたり書かなかったり、ハンターxハンターの連載1くらいのペースで、かろうじて続けている状態です。

それなりの時間と労力をかけて書いたはずなのですが、いまだに育児記録の付け方が分かりません。凸の書き順くらい分かりません。

そもそも、学者の真似事をしたのが間違いだっまのかもしれません。いざ自分でやってみると、書き続ける根性もなければ、文才もないことに気づいてしました。ガビーン。

誰か育児記録の付け方を教えてください…。

過去の育児記録

というわけで、私は育児記録を書くのが下手です。毎日書き続ける根性もなく、ほんとうに時々しか書いていません。

読み返すと自分の根気と文章力のなさを思い知らされ、ドラクエの毒の沼地を歩いているときのように、じわじわとダメージを受けます

しかし、毒の沼地で「ロトのしるし」2が見つかることがあるように、下手なりにも、記録しておくと、掘り出しものの記憶に出会えることもあります。

恥ずかしいですが、私の育児記録を三つ晒します。

2021年4月1日(息子は1歳6ヶ月)
タイトル:いってきます
朝の支度を終え「じゃあ会社に行ってくるね」とグレーのジャケットに袖を通した。息子は、私がいなくなることに気づき、ハッという顔をした。「あーん」と泣き出し、私の足にしがみついてきた。パパ行かないで、という仕草に、胸がキューンと締め付けられた。「よちよち、ごめんねー。パパ行ってくるねー」と足に絡みついた息子をほどいていると「散歩に行きたいんじゃない?」と妻に言われた。よく見ると、息子は私を引きとめようとしているのではなく、私の手を引っ張って外に連れて行こうとしている。なーんだ、パパと離れたくなくて泣いたわけじゃなかったのか。ガックシ。
2021年12月5日(息子は2歳2ヶ月)
タイトル:寝かしつけ成功
ここのところ息子は水イボの治療のために、漢方薬を飲んでいる。ヨクイニンエキス散コタローという名前だ。甘くて飲みやすいらしい。「あまーいおみじゅ」と嬉しそうに飲んでいる。息子は今、パズルにどハマりしている。アポロ社のピクチュアパズルを気に入っている。消防車やパトカーが集合したパズルだ。30ピースある。とても上達してきたが、まだ少しむずかしい。「もっかい!もっかい!むじゅかしいじょー」と言いながら集中してやっている。今日は、私が夜の寝かしつけをできるようになった。いつぶりだろうか。パパ嫌が始まってから、もう何ヶ月も夜の寝かしつけができなかった。今日はベッドの上で歌をうたい、私が寝たふりをすると、息子がすんなり寝てくれた。
2021年5月31日(息子は2歳8ヶ月)
タイトル:信号ゲーム
息子の保育園30日目。今日も妻が息子の弁当を作ってくれた。おにぎりにお花の模様を散らしてあった。華やかだ。いいアイデアだと思った。朝からハムチーズサンドをモリモリ食べる息子。私よりたくさん食べていた。息子は信号ゲームにハマっている。私がブロッコリーを持ち上げ「赤で停まっています」と言うと、息子が「ぴー!あおになりましたー!」と言って口を開ける。このやり方で、朝ごはんをスムーズに食べさせることができた。
上書き保存型ネガティブ人間

なぜ下手なのに、根気もないのに、思い出したように育児記録を書いているかというと、私が上書き保存型ネガティブ人間だからです。

私は記憶力に自信がありません。

2泊3日の旅行に行くと、楽しいできごとで古い記憶が上書きされ、3日目になるころには、初日と2日目の記憶が無くなっています。「1日目何したっけ?」と聞いて呆れらることがしばしばあります。

嫌なことは名前をつけて保存してしまうのに、楽しいことは上書き保存されるのです。そうすると、嫌な記憶は増えますが、楽しい記憶の量は増えません。必然的に嫌なことばかりが思い出されるようになります。

つまり、何もしないと、子育ての辛いできごとばかりが思いだされ、子育て辛かったなぁ、とネガティブな気持ちになるのです。困りました。

そんな私のような上書き保存型ネガティブ人間にとって、育児記録はありがたい存在です。

読むと毒ダメージが入るものの、上書き保存で消されてしまった楽しい記憶を、発掘できるチャンスがあるからです。

楽しい記憶を見つけると「あー、そんなこともあったなぁ」と懐かしい気持ちになり、ダメージが癒され、前向きになれる気がします。

もっとうまく書けるようになりたいなぁ。
誰か育児記録の書き方を教えてくれないかな。

まとめ

工藤先生をリスペクトしてはじめた育児記録は、いつしか冨樫先生リスペクトに変わり、休載の沼に陥りました。それでも細々と続けており、上書き保存型ネガティブ人間の私に、なんとか回れ右をさせています。ほれ、前向かんかいと。育児記録はいいものなので、うまく書けるようになりたい。というお話しでした。

  1. 14年の連載期間のうち11年を休載するという大記録を樹立した、冨樫義博先生の代表作。実力があれば何してもいいと、ある意味で少年たちに夢を与えた。 ↩︎
  2. ドラゴンクエストIに出てくる重要アイテム。 ↩︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました