学習漫画のすすめ

今回のテーマは「学習漫画」です。

世の中には読むだけで勉強になる漫画があります。スラムダンクを読めば人生において大事なモノの90%を学ぶことができますが、今回はそういう人生訓を学ぶ話ではなく、歴史や数学の教科書で習うような内容を学べる漫画があるという話です。学習漫画と呼ぶそうです。

漫画で将来が決まる

小学校に通い初めて数年も経ったころ、学校の図書室に行けば、合法的に漫画が読めることに気がつきました。はだしのゲンが鉄板でしたが、発明王エジソン、ファーブル昆虫記、シートン動物記、キュリー夫人、徳川家康、楠木正成といった伝記シリーズも置いてありました。図書室の学習漫画を何周も繰り返して読んだ記憶があります。よっぽど教室に居場所がなかったのでしょう。

特にエジソンの伝記漫画が大好きでした。おかげで「自分も発明王になれる」という壮大な勘違いをしてしまいました。その結果、電機メーカーに誤って就職し、今は窓際の席を温めています。自分の才能に見合わぬ企業に迷い込む暴挙を犯してしまったわけですが、もし図書館にワンピースがおいてあったら、今頃太平洋の藻屑になっていたと思うので、エジソンの伝記で助かったとも言えます。

漫画は記憶に残る

同じ時期、市の図書館に通い、ギリシャ神話の漫画を狂ったように借りて読みました。普通の人はビックリマンシールでゼウスなどの神々を学ぶと思いますが、私の場合は漫画でした。図書館で借りた漫画は、頭の中で「勉強フォルダ」に分類されます。そのため、普通の漫画とは違い、宿題を差し置いて読みふけっても罪悪感が湧かず、無限に読めました。きっと周囲にも熱心に勉強しているように見えたはずです。

そんな風に、学習漫画を読むのは「勉強しているポーズ」的な部分もあったわけですが、あれから20年以上たって振り返ってみると、学習漫画こそ勉強であったと実感します。授業で習ったことは一つも覚えていないのに、漫画に書いてあったことは鮮明に覚えているからです。エジソンの偉業を20個述べよと出題されたら、即答できる自信があります(モールス信号でプロポーズに成功したなど)。これだけ詳細に記憶しているのだから、漫画による学習効果は計り知れません。

漫画で成績が伸びる

大学受験の成績に直結した漫画もあります。紫式部の源氏物語をコミカライズした「あさきゆめみし」です。源氏物語は、全54巻からなる世界最古の長編恋愛小説として超偉大な作品であり、古文の試験問題に頻出します。原文はとても難しくて読めませんが、「あさきゆめみし」は、この難解な世界的文学作品をヤングレディースコミックに変えることで、親しみやすさを1億倍にしたところが天才です。塾の本棚に並べてあったので、受験勉強そっちのけで読んでしまいました。それからというもの、源氏物語が出題されるたび、私は話を覚えているので古文単語が分からなくても問題が解けてしまい、成績が異常に伸びました。

成績が伸びたという意味では「ドラゴン桜」にも大変お世話になりました。ドラゴン桜は、落ちこぼれギャルとヤンキーに実用的な勉強法を教えて、東大合格を目指す受験漫画です。この漫画から学べる勉強法があまりに破格だったので、感動した私は、ドラゴン桜を神と崇めていました。絶対に目に入るところに置いて、毎日読もうと考えた結果、トイレに置くことにしました。こうしてドラゴン桜はトイレの神様になったわけです。

読んでおけばよかった学習漫画

漫画の威力を実感しておきながら、非常に惜しいことをしたと思っているのは、大学の勉強に漫画を活かさなかったことです。調べてみると「オーム社のマンガで分かるシリーズ」というものがあり、物理数学、ベイズ統計学、量子力学、技術英語、相対性理論、線形代数、微分方程式、電磁気学、電気設備、半導体、ディジタル回路、流体力学…を漫画で分かりやすく学べるらしいです。これらを読んでさえいれば、天才になれたに違いないのに…。もったいない…。

大人も読みたい学習漫画

大人になると試験勉強をすることは無くなりました。しかし、漫画の威力はMr.ChildrenのTomorrow never knowsくらい留まることを知りません。漫画があれば社会勉強もできます。7つの習慣、アドラー心理学、D.カーネギーの人を動かす、ドラッカーのマネジメント、論語と算盤、ライフシフトなど、自己啓発系の名著を漫画で学べるのです。読めば人生が変わる!とまでは言いませんが「こんなのも読んでないの?ぷぷ」と侮られることが無くなります。

その他の学習漫画

私の実家のポストには、ある出版社から、薄い自己啓発漫画が定期的に投函されていました。その漫画によれば、進研ゼミ?なる手法を使うと、成績が伸びるだけでなく、部活で活躍でき、恋人もできるそうです。とても有益な情報が得られたと喜び、申込意欲をかき立てられたましたが、様々な大人の事情により、残念ながら利用するに至りませんでした。あれも学習漫画の一種だと思います。

まとめ

学習漫画と言えば、山川や学研が出版している歴史系漫画がパッと思い浮かびますが、今や学習漫画の裾野はどこまでも広がり、相対性理論からマネジメントまで漫画で学べる時代になっています。漫画はとっつきやすく、かつ記憶に定着しやすいので、ぜひ勉強に取り入れたいですね。もし100年後にワープしたら、すべての教科書が漫画になっているかもしれません。そうなるといいなぁ…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました