NBA 2023-2024シーズン プレーオフ1回戦セルティックスvsヒート第2戦の感想

日本時間2024年4月25日に行われた、NBAプレーオフのセルティックスvsヒート第2戦の感想です。

第1戦の振り返り

セルティックスにとってヒートは因縁の相手。昨年のプレーオフ、イースタン・カンファレンス・ファイナルでは、優勝候補のセルティックスがヒートにまさかの3連敗。そこで意地を見せたセルティックスは、3連勝して、第7戦に勝敗を持ち越します。しかし、プレーオフ・バトラーは強かった。セルティックスはNBAファイナルの一歩手前で涙を飲んだのでした。

リベンジを誓う今シーズン。プレーオフ1回戦から「セルティックスvsヒート」という熱いカードが実現します。注目の第1戦。試合開始から14-0という最高の入りをしたセルティックス。得意のスリーを22本決める猛攻でヒートを寄せ付けません。94-114でセルティックスの勝利でした。

この試合の見どころ

前戦は「外からスリーで攻めるのセルティックス」と「ペイント内で勝負するヒート」という構図でしたが、レギュラーシーズン勝率1位(78%でダントツ。2位はサンダーのの69.5%)は伊達ではなく、完敗してしまったヒート。同じ轍を踏むわけにはいきません。

見どころはヒートの修正力です。名将エリック・スポルストラ・ヘッドコーチがこのまま終わらせるわけがありません。スリーで攻めるセルティックスにどう対応してくるのか。どんな戦術を組んでくるのか。注目です。

スターティング・ラインナップ

セルティックス:
・ジェイソン・テイタム
・ドリュー・ホリデー
・ジェイレン・ブラウン
・デリック・ホワイト
・クリスタプス・ポルジンギス

ヒート:
・バム・アデバヨ
・タイラー・ヒーロー
・ケイレブ・マーティン
・ハイメ・ハケスJr.
・ニコラ・ヨビッチ

第1クオーターの感想

残り11:00。初得点はホワイト。右ドライブからのフローターでした。

残り10:47。お返ししたのはヨビッチ。キャッチ&シュートでスリーを成功。

残り9:49。前戦とは打って変わって、ペイントで攻めるセルティックス。テイタムの華麗なステップスルーからのレイアップで6-5。セルティックスが1点リード。

残り7:35。TDガーデンが沸き立つ好プレー!ホワイトのバックファイアでボールを奪取。テイタム、ブラウンの仲良しツーメンがコートを駆け上がり、最後はテイタムのアリウープ!ヒーローが懸命に手を伸ばしますが10センチ届きませんでした。

残り7:04。「テイターーーーム」トップからスリーを成功。14-9でセルティックスがリード。実況の波多江さんがいい味を出しています。

残り6:05。電光石火のプリチャード。マイボールになってからのダッシュが一人だけ早送りのようでした。得点には結びつかなかったものの、元気いっぱいです。ところで、プリチャードくんが福岡第一の選手に見えて仕方ないのですが、私だけでしょうか。

残り5:15。ヒーローのステップバックスリー。15-14でヒートが逆転。

残り4:00。ベンチから出てきたダンカン・ロビンソン(ダンロビ)が早速スリーを成功。大泉洋さんに似ているダンロビ。

残り3:00。ポルジンギスのブロックが炸裂。リム周りが堅いですね。ペイントアタックしたダンロビのチェンジ・オブ・ペースもうまかったのですけれども。

残り1:05。ハネスJr.のスリー。なんとこの時点で、ヒートは、27得点中24点がスリーというスリー祭り。前戦とはガラッと変わって外から攻めます。スリーを徹底して打たせるのがスポルストラの作戦だったのですね。

第1Qが終了。28-27でヒートが1点リードです。

第2クオーターの感想

残り10:50。セルティックスのサム・ハウザーがスティール。自分で持っていってトランジションスリーまで成功。ハウザーは3月~4月でベンチから平均11.7得点。スリーポイントは43%と高効率だそうです。いい選手ですね。

残り10:20。秘技・壁抜け。テイタムがディフェンス二人の間をするっと抜けてレイアップを決めました。テイタムのレイアップは、ニュルッと伸びます。

残り9:04。ホリデーがトランジションスリーを沈めます。セルティックスが35-30でリード。ホリデーはNBAで一二を争う守備職人なのに、スリーも高確率なんてずるいですよね。マーカス・スマートが抜けて穴ができるどころか、ホリデーの加入でさらに強くなった気がします。

残り7:38。ブラウンがキレキレのドライブ。「今のインアウトうまいなあ〜」と解説の落合知也さんも惚れぼれしていました。

残り6:33。うおっ。ケイレブ・マーティンが、ポルジンギスにポスタライズ・ダンクにかまそうとしました。未遂に終わりましたが、なんて挑戦的な。ワンハンドでダンクに行くマーティンは、髭も相まって、一瞬レブロンかと思いました。

解説でおっしゃっていましたが、マーティンは双子の弟。お兄さんはホーネッツに在籍しています。ケイレブ・マーティンはドラフト外から這い上がった苦労人です。全然ドラフト外に見えません。いい選手です。

残り4:40。「バムゥ!」ペイントでタフなフェイダウェイ・ジャンパーを決めるアデバヨ。

残り4:17。「マーティン!」キャッチ&シュートでスリーを沈め、ヒートが逆転します。45-44。これにはダンロビもガッツポーズ。それにしても、この実況の人、熱があって面白いです。好きです。

残り2:09。ヒートのデロン・ライトがフリースローを2本決めました。2月に加わった大型のガードです。

残り1:20。ブラウンのスリーでリードチェンジ。55-56。TDガーデンのボルテージがどんどん上がっていきます。

残り1:00。3連続スリー成功!ブラウン!パンチストップからディープ気味でしたが、文句なく決めてきました。頼れる男です。

残り0:39。ヒーローも意地でスリーを決め返します。

前半終了。58-61でセルティックスがリードです。

第3クオーターの感想

残り11:04。開始早々、2年目のヨビッチが同点スリーを沈めます。

残り8:42。うまいですね〜。ヒーロがスペインピックを利用し左ウィングへ移動。プルアップのスリーを成功させました。67-65でヒートが逆転です。

残り5:22。テイタムがベンチに下がります。

残り4:32。ヒートのハイスミスがスリーを成功。テイタムがいない間に、徐々に点差が拡がっていきます。8点差でヒートがリード。

残り4:10。マーティンの技ありレイアップ。80-70。10点差。

残り3:28。またもマーティン。神速のクロスオーバーでブラウンを置き去りにし、トップからまっすぐリングに辿りつきました。12点差。

残り2:48。スコアが止まっていたセルティックス。ハウザーがスリーで久々の得点。

残り1:40。帰ってきたテイタム、頼りになります。うまくダイブして合わせました。テイタムのダンクで82-77。ヒートのリードを5点差に縮めます。

残り0:38。やはりテイタム。ピック&ロールで、ダンロビとのミスマッチをつくり、安定感抜群のポストアップで2点を奪いました。いやあ、ポストからのスピンムーブの速いこと。テイタムのポストアップ強いんですよねえ。

第3Qが終了。85-79でヒートがリードです。テイタムがいない間に点差を離されたのが効いていますね。

第4Qまでの幕間、緑色のコスチュームに身を包んだチアリーダーたちが、手のひらサイズのアメフトボールみたいなやつ(グッズが入っている?)を客席に投げ込むイベントがありました。びっくりしました。チアリーダーの肩まわりの筋肉がモリモリだったのです。テイタムのような肩幅で、客席にグッズを投げ込んでいました。とんでもない飛距離でした。

第4クオーターの感想

残り10:29。テイタムが引っ張ります。デロンライトからシュートファウルをもらいました。えっ!2本とも外した!?めずらしいですね。

残り8:23。両チームともスコアボードが固まる中、膠着を破ったのはアデバヨでした。ペイントにドライブで侵入し落ち着いてプルアップを成功。さあ辛くなってきたセルティックス。6点差です。

残り6:57。気持ちいい連携。テイタムがインサイドアウトでマーティンを抜き去り、ディフェンスを収縮させます。コーナーのホーフォードが手をあげてボールを呼びますが、そこに駆けつけようとするダンロビ、をテイタムはちゃんと見ていて、左ウィングのホワイトにキックアウト。スリーをしっかり沈める仕事人のホワイトなのでした。92-86。

残り6:34。アデバヨが外さない。これで3本連続のプルアップ成功。2点ずつ堅実に積み上げていきます。94-86。

残り5:53。ブラウンが苦手な左手ドライブから、技ありのダブルクラッチで2点を獲得。97-91。なんとか追いつきたいセルティックス。

残り5:34。ここで決めるか、ハケスのスリーポイント。新人とは思えない活躍。100-91でヒートが9点リード。

残り4:10。アデバヨが止まりません。フローターで102-91。今日は9/12でフィールドゴールを決めて21得点です。

残り3:47。頼もしいホワイトのしびれる左コーナースリー!つなぎとめます。102-94。

残り2:58。決め続けるマーティン。スリーを成功。105-96。これでヒートの1試合中のスリー成功数は23本。プレーオフのフランチャイズ記録だそうです。

残り0:50。時間を使うヒート。ホワイトが望みをかけたトランジション・スリーを放ちますが、無情にも弾かれます。惜しかった。リングの奥に当ってしまいました。

地面に叩きつけたボールが高くあがります。試合終了。111-101でヒートの勝利でした。

まとめ

いや、まさかヒートが勝つとは予想していませんでした。スリーポイントが23本。チームで53.5%の確率!これだけ入ったら、もう仕方がないですね。第4Qに魅せたアデバヨの堅実な連続ジャンパーも厳しい追撃でした。ヒートはアウェイで価値ある一勝です。

負けてしまったセルティックスですが、これだけヒートが馬鹿当たりしたのに、9点差で収まっているというのは、すごいことです。今回のようなゲームが続くとは思えませんので、次の試合はセルティックスが奪うのではないでしょうか(でも、去年のヒートの怖さを知っているから、まったく安心できないですね)

おもしろいゲームでした。次も楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました