勉強法

勉強法

東大合格生のノートはかならず美しい、は本当だろうか?

「東大合格生のノートはかならず美しい」という本が2008年に出版されてベストセラーになった。当時十八歳だった私は「はたして本当に美しいのだろうか?」と疑問を持った。現役東大生の友人たちに頼み、彼らのノートを大量に見せてもらったことがある。す...
勉強法

社会に出たとき本当に役に立つ教科はアレとアレだった

今回のテーマは「大切な教科」です。勉強法のブログなので、どうしても英語とか数学のように、点数が伸びやすい教科の記事ばかりを書いてしまいます。けれど、私が本当に大切に思っている教科って、英語や数学じゃないんです。大学で物理を勉強して、(底辺社...
勉強法

英語教育を始めるのは早ければ早いほど良いに決まっている※ただし、私を除く

今回のテーマは「英語の早期教育」です。2020年、小学校でも「英語」が教科として導入され、算数や国語と同じように、小学生が英語を学ぶ時代になりました。下手したらランドセルを背負った相手に英語で言い負かされる、ジーザスな世の中になってしまった...
勉強法

勉強を習慣化するコツは「小さな成功を積み重ねること」ですが・・・不器用な失敗をする奴もいるんです。

今回のテーマは「習慣力」です。現代の魔境・自己啓発書コーナーに迷いこむと、「習慣」の名を冠した麻薬本を、いたるところに発見することができます。7つの習慣、超習慣力、習慣が10割、マンガで分かる「続ける習慣」、小さな習慣、などなど…。私は習慣...
勉強法

ゴールから逆算して計画を立てると夢を見られますが、スタートから積上げて計画を立てると地獄を見られます。

今回のテーマは「行動計画」です。毎度おなじみ、藤吉豊・小川真理子著『「勉強法のベストセラー100冊」のポイントを一冊にまとめてみた』によると、おすすめ勉強法の第五位は「ゴールから逆算して計画を立てる」だそうです。ちなみに第二位は「目的とゴー...
勉強法

ごほうびでドーパミンを活性化しながら勉強しろと言うけれど、ドーパミンが出にくい私は趣味沼に浸かろうと思います。

今回のテーマは「ごほうび」です。藤吉豊・小川真理子著『「勉強法のベストセラー100冊」のポイントを一冊にまとめてみた』を何度も引用して恐縮ですが、この本によると、おすすめな勉強の第四位は「ごほうびでドーパミンを活性化する」だそうです。頭のい...
勉強法

頭のいい人は上手に休憩をとるけれど、私のような雑魚が休憩していてはダメだ

今回のテーマは「休憩」です。藤吉豊・小川真理子著『「勉強法のベストセラー100冊」のポイントを一冊にまとめてみた。』によると、おすすめな勉強法の第三位は「上手な休憩で学びの質を上げる」だそうです。頭のいい人は、適度に休憩をとりながら勉強をし...
勉強法

目標設定をSMARTにやると行動力が増すけれど、私にはちょっとしんどいです

今回のテーマは「目標設定」です。前回記事でも紹介した賢者の書『「勉強法のベストセラー100冊」のポイントを一冊にまとめてみた。』によると、おすすめ勉強法の第二位は「目的とゴールを明確にする」だそうです。つまり目標設定ですね。第一位「復習」は...
勉強法

長期記憶のコツは定期復習というけれど、不真面目な私は毎日復習させていただきます

今回のテーマは「復習」です。『「勉強法のベストセラー100冊」のポイントを一冊にまとめてみた。』というパワー系な勉強本があります。その本によると、おすすめ勉強法の第一位は「復習」だそうです。賢い人は、こぞって復習をしているのですね。なぜ復習...
勉強法

学習漫画のすすめ

今回のテーマは「学習漫画」です。世の中には読むだけで勉強になる漫画があります。スラムダンクを読めば人生において大事なモノの90%を学ぶことができますが、今回はそういう人生訓を学ぶ話ではなく、歴史や数学の教科書で習うような内容を学べる漫画があ...
勉強法

勉強に才能は必要でしょうか?(1)

Q. 勉強に才能は必要でしょうか?A. 必要だと思います。でも、才能は伸ばせますよ。今回のテーマは「勉強の才能」です。とんでもなく頭のいい人に出会うことがあります。東京大学に在籍していたころは、それこそ石を投げたら秀才に当たるくらい、自分よ...
勉強法

研究報告スライドの作り方(7):原因スライド

今回のテーマは「原因スライドの書き方」です。この記事は、研究報告スライド作成講座の第7回目です。過去の記事をご覧になりたい猛者は、以下のリンクからご確認ください。・第1回(スライド作成手順 前編)・第2回(スライド作成手順 後編)・第3回(...
勉強法

研究報告スライドの作り方(6):課題スライド

yo! yo! ですyo!yo! yo! ですyo!ひろし。の最近は〜 謝ることばっか〜今日も昨日も一昨日も謝ることいっぱ〜いひろし。この前さ、体育館に包丁を持った大男がいたからさ、「危なっかしいなぁ」と思ってさ、取り押さえて交番に連れて行...
勉強法

研究報告スライドの作り方(5):目標スライド

みなさま、こんにちは。勉強法ソムリエひろしです。今回のテーマは「目標スライドの書き方」です。研究報告スライド作成講座も第5回になりました。過去記事を見ていない方は以下からどうぞ。第1回はこちら(スライド作成手順 前編)第2回はこちら(スライ...
勉強法

研究報告スライドの作り方(4):背景スライド

メロスは激怒した。で始まる小説と言えば、太宰治様の「走れメロス」です。正義感を履き違えて、うっかり友人を生贄に捧げてしまった狂気の男の物語なのですが、記憶が補正されて「メロスは約束を守るからいいやつ」と思われがちです。実際は、友人の処刑タイ...